高機能の瓦礫選別機器|危険な廃棄物も回収する廃棄物処理の会社

レンタルで利用できる

工事現場

建物の解体作業を行なう場合、大量の瓦礫が排出されることになります。これらの瓦礫は廃棄物処理を行なう会社に依頼することで回収を行なってくれますが、何の手も加えずに回収を依頼するとなると、コストの負担が大きくなります。廃棄物処理を行なう会社は、廃棄物のリサイクルを行なうために素材ごとに選別を行ないます。混合された状態の瓦礫ですと、選別作業にも手間が掛かるので、人件費などの負担分は処理を依頼した人が支払うこととなるのです。処理費用を安くするためには、瓦礫選別を自社で行なう必要があります。トロンメルやスクリーンなど、瓦礫選別ができる環境リサイクル機器を導入することで、解体作業ごとに排出される廃棄物の処理費用を削減できます。

瓦礫選別を行なえる環境リサイクル機器は、レンタルによって使用することができます。解体作業を行なうためにこれらの機器を導入するとなると、費用の負担が懸念されます。瓦礫選別の機器は大型のものばかりなので、購入する場合は高額な費用が必要となります。しかし、レンタルで機器を導入すれば、安い初期費用で導入することができるでしょう。機器のレンタルを行なっている会社では、扱っている機器もしっかりとメンテナンスしています。機能性も高く、綺麗な機器を使用することができるのです。自社で購入する場合、機器の機能性を維持するためにメンテナンスのための手間と費用が必要となりますが、レンタルならばそれらの費用も必要ないので、お得に利用ができるのです。

前処理に活用できる

作業員

ガレキ選別の前処理として使用するトロンメルは、オーバーサイズのガレキとアンダーサイズのガレキをスムーズに分けることができます。回転速度や角度調整ができる機器ならば、どのような素材や形状をしたガレキでも詰まらせずに使用ができます。

素材ごとに選別する

解体工事

瓦礫選別を行なうための機械として、スクリーンも高い効果をもたらします。振動や遠心力を瓦礫に与え、素材ごとに細かく選別することができます。現在では軽量で自走もできるコンパクトなスクリーンが、多くの解体作業の現場で重宝されています。

危険な廃棄物も回収する

ジャケットのメンズ

廃棄物処理を行なう会社では、環境負荷を与えない方法で廃棄物の処理を行ないます。金属や石膏ボードはリサイクルを行ない可燃性の廃棄物はダイオキシンが出ないように焼却処分します。アスベストなどの取り扱いが難しい素材も、依頼することで安全に回収してくれます。